Lynette C. Morales
社会福祉学科高齢介護専攻 2007年卒
介護士, 寿泉会 ラ・パス,  日本

経済的に不安定な家庭の出身であることは、それぞれの目標を達成するにあたって何の障害にもならないということをMKDで学びました。イネス・マリャリ大学長には、私がダトゥウチダ財団から奨学金を受け取ることに協力していただきました。奨学金を受け取ったことにより、2007年に社会福祉学科を卒業することができました。母校に恩返しするためにMKDに3年間勤めました。そして2010年に、日本フィリピン経済パートナーシップ協定の下、介護仕実習生として日本に行く機会を得ることができ、2014年に介護士国家資格に合格しました。ミンダナオ国際大学は、今の私を作り上げてくれ、MKDには心から感謝しています。


Sasha M. Cabrera
心理学科  2012年卒
マレーシア総領事館人事スタッフ

MKDを選んだことが今の仕事につながり、とてもうれしく思います。在学中はとても忙しい日々を送りましたが、今ではMKDで学んだことは私の知識となり、財産となりました。卒業後すぐに、私は民間会社に人事部の一員として勤め始めました。今ではマレーシアの総領事館で働けていることをとても光栄に思います。私がMKDの一員であったことを誇りに思います。


Karla Elizalde
社会福祉学科 高齢介護専攻 2008年卒
日本 大地の丘 介護士

卒業することは私にとって1つの目的でした。困難な事もありましたが、自分で何とかしなければいけません。自分なりにゴールを設定し、チャンスをつかめるように努力しました。それぞれ信じるものを信じ、自分の仕事を誇りに思うことが大切だと思います。人生は大変な事もありますが、一日一日を大切にし、自分の人生を作っていかなければいけないと思います。


Annie Vee H. Tresbe
教育学部 初等教育学科 2011年卒
小学校教師, DepEd South Cotabado Division, Region XII

MKDの卒業生であることは私にとってすばらしい光栄であり、初等教育の学位を修了したことにより教育者として生きていくための大きな機会を得ることができました。教育者になるための知識をや技術を学ぶことができたMKDには感謝の気持ちでいっぱいです。明るい未来を夢見る人は誰でも、MKDでその夢を実現させられると思います。

Share it! Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr