A. 図書館について

学習センター(LRC) MKDの理念に基づき、高水準の蔵書と施設で、学習や教育活動そして研究のためのサービスを提供しています。

図書館は2階にあり、3室100座席を揃え、専門の図書館司書とアシスタントによって運営されています。また学生が求める書籍をすぐに見つけられるような独特の書棚システムなっています。

日本語関連の蔵書はもちろん、他の分野においてもMKD独自の資料を揃え、学生のみなさんが調査研究を行えるよう、幅広い情報を提供できるようにしています。

LRCでは各学科のみなさんのために専門書や専門誌、論文などを幅広く揃えています。

また、最新の情報が得られるよう、「情報基地」と呼ばれるエリアには、独自の礎石発見しステによって、雑誌や新聞が揃えられています。

加えて、「マルチメディア」エリアにも、数多くのDVDやCDなどのAV資料が取り揃えられています。

LRCでは科学・歴史・技術・文学など各分野の蔵書や資料を提供しています。

また学生だけでなく、教職員や卒業生にも規則に従ってその使用を広く認めています

 

ミンダナオ国際大学図書館の理念と展望

理念

図書館の使用によって幅広い学術的研究が行えるようにする。異文化関連や日本語に強化した言語関連の資料や蔵書を揃えることによって、学生が最大 限の知識を学べるようにする。

使命

MKDの理念に基づき、学生や職員が異文化理解と道徳価値感を持てるよう、文化・言語・学習や研究そして指導のための質の高い資料の提供する。

目的

学習と将来的展望の達成のために、厳選され整備された蔵書と資料を提供する。

担当

司書 Ms.Lavelyn Flores

アシスタント

Ms. Gloria U. Cañal

Assistant to the Librarian

運営時間

月〜金 午前8時〜午後6時(昼食休憩なし)

土  午前8時〜12時

*職員の状況により、12時〜午後1時まで一時的に閉館する場合があります。

規定

以下のものが図書館の使用を許可される

  1. 本学の学生
  2. 本学の職員
  3. 役員
  4. 日本人の訪問者
  5. 他組織の者は100P/時で使用できる
  6. 許可を得た他大学の学生

その他以下のことを提供する

  1. 情報提供 – 職員と学生の情報提供を助ける
    • 予約システム
    • 貸し出し
  2. 技術提供
    • ブックカタログ
    • オンライン公共アクセス
  3. バイブル提供 教職員と学生、学科長や役員にバイブル関連の提供をする。
  4. 新書籍の情報提供 利用者に最新の書籍等の告知や掲示を行う。
  5. 複製禁止または持ち出し禁止の資料を授業に提供する。
  6. 図書館使用規則に関する説明会を実施する。
  7. Wi-Fi完備
  8. MacBookの使用(調査に限る)
  9. コピーサービス
  10. グループ討議エリア
  11. 監視カメラの設置

ビジター規則

フィリピン図書館司書協会ダバオ支部の会員は、土午前8時〜12時までは無料で使用で きる

ただし事前の申請を必要とする。入室の際はIDの提示が求められる。非会員の場合は、100Pが必要となる

全ての資料は持ち出し禁止とする

 

Share it! Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr