入学に必要な手続き

I. 高校卒業者

  1. ガイダンス・オフィスでの入学試験及び面接
  2. アドミッション・オフィスでの手続き

    必要書類:

    1. ハイ・スクール・カード(フォーム138)
    2. 出生証明書 – NSOによる証明のあるもの
    3. 志願者の道徳面における性格証明書
    4. 2×2サイズの写真2枚 / 青い背景のもの
    5. 1×1サイズの写真2枚 / 青い背景のもの
    6. ガイダンス・オフィスで発行された入学用紙
    7. 診断付き身体検査書 – 便、尿、CBCとレントゲン
  3. 授業登録用紙を記入する
    査定後、授業登録用紙が与えられる。その用紙を記入し、さらにF-02登録用紙をレジスター・オフィスで受け取る。備考: F-02用紙を記入する。科目のスケジュールは指定された場所に掲示されている。
  4. データ登録と正式名簿登録
    正式名簿登録のために、レジスター・オフィスで受けとったF-02用紙のコピーを持って、エンコーダー(データ登録係)の所へ行き、一時的に受講する科目をデータ登録してもらう。もし閉講の科目がある場合はここで知らされる。
  5. 授業料の支払いと見積もり
    正式に授業登録するために会計窓口で授業料を払う。
  6. 学生オフィス(OSA)での手続き
    学生オフィス(OSA)で一時的な学生IDと学生手帳の発行手続きを行う。正式な学生IDは一ヵ月後に発行される。

II. 過去に在籍した学生

  1. クリアランス用紙を記入する(インフォメーション・カウンター)
     クリアランス用紙を記入する(F-11)。もし用紙を紛失した場合、新しいものを入手するには10ペソ支払わなければならない。これまでの成績を開示するためには、クリアランス用紙の記入が必要となる。
  2. レポート・カードの公開(図書館にて)
     F-11用紙の記入後、成績査定についてのセミナーを受ける。
  3. 成績査定
     1年生から3年生までの学生は自分の所属する学部/プログラムの学部長の元へ行き、成績査定と登録しなければならない科目の一覧を確認する。
  4. 授業登録用紙を記入する
     成績査定後、授業登録用紙が与えられる。その用紙を記入し、さらにF-02登録用紙をレジスター・オフィスで受け取る。

    備考:

    • 4年の学生は成績査定を記録係に報告する必要がある。
    • F-02用紙を記入する。科目のスケジュールは指定された場所に掲示されている。
  5. データ登録と正式名簿登録
    正式名簿登録のために、レジスター・オフィスで受けとったF-02用紙のコピーを持って、エンコーダー(データ登録係)の所へ行き、一時的に受講する科目をデータ登録してもらう。もし閉講の科目がある場合はここで知らされる。
  6. 授業料の支払いと見積もり
    正式に授業登録するために会計係の所で授業料を払う。

III. 転校生

  1. ガイダンス・オフィスでの入学試験及び面接
  2. アドミッション・オフィスでの手続き

    必要書類:

    1. ハイ・スクール・カード(フォーム138)
    2. 出生証明書 – NSOによる証明のあるもの
    3. 志願者の道徳面における性格証明書
    4. 2×2サイズの写真2枚 / 青い背景のもの
    5. 2×2サイズの写真2枚 / 青い背景のもの
    6. ガイダンス・オフィスで発行された入学用紙
    7. 健康診断付き身体検査書 – 便、尿、CBCとレントゲン

    備考:

    1. 転校生の成績はレジスター/アドミッション係によって査定される。
    2. 査定後、F-02(正式登録用紙)が与えられる。
  3. 正式名簿登録のために、レジスター・オフィスで受けとったF-02用紙のコピーを持って、エンコーダー(データ登録係)の所へ行き、一時的に受講する科目をデータ登録してもらう。もし閉講の科目がある場合はここで知らされる。
  4. 授業料の支払いと見積もり
    正式に授業登録するために会計係の所で授業料を払う。

IV. 外国からの学生

A. 入学試験手続き(ガイダンス・オフィスにて)

外国からの志願者は、大学教育を受けられる水準である、中等教育機関(日本における中学・高等学校)を卒業した者、あるいはそれと同等の学力を有する者であることが求められる。

  1. 中等教育機関(日本における中学・高等学校)での記録、あるいはそれに代わる同等の書類を、査定のためにアドミッション・オフィスに提出する。(全ての提出書類は英訳が必要である)
  2. アドミッション・オフィスは提出書類の検討後、志願者に入学試験を受ける資格があるかどうかを知らせる。もし志願者に資格がある場合、志願者は入学試験受験用紙を記入する。
  3. 会計窓口にて入学試験料100ペソを支払う。
  4. 記入された入学試験受験用紙とオフィシャル・レシート(OR)をガイダンス・オフィスに提出し、ガイダンス・オフィスにて入学試験を受ける。
  5. ガイダンス・オフィスより入学試験結果を受け取る。
  6. もし合格ならば、志願者は申請したコースのプログラム主任教授または大学学部長によるインタビューを受ける。
  7. インタビュー後、アドミッション・オフィスは学生ビザ発行の際に必要となる受け入れ通知(Notice of Acceptance)を準備する。

B. 志願者に必要なもの

  1. 高等学校の報告書またはそれと同等の書類(高等学校卒業者)
  2. 学業成績証明書またはそれと同等の書類(カレッジ・レベル/学部生)
  3. 志願者の道徳面における性格証明書または前所属先の学校校長または生徒指導課指導員による推薦書(効力のあるもの)
  4. 出生証明書のコピー2部(英語でないものは英語に翻訳すること)
  5. 二重国籍である場合: NSOのコピーとフィリピンのパスポート
  6. 2×2サイズの写真2枚 / 青い背景のもの
  7. 1×1サイズの写真2枚 / 青い背景のもの
  8. パスポートの名前、誕生日のページと出入国管理局(the Bureau of Immigration)による入国スタンプが押してあるページ(最新のビザスタンプのあるページ)のコピー
  9. Special Study Permit(SSP)/学生ビザ
  10. 出入国管理局(BOI: the Bureau of Immigration)による身元確認証明番号(Identification Certificate No.)
  11. 外国人登録証明書(Alien certificate of Registration)またはACR I-CARD(効力のあるもの)
  12. 延長ビザ(効力のあるもの)

C. 授業登録用紙を記入する

査定後、授業登録用紙が与えられる。その用紙を記入し、さらにF-02登録用紙をレジスター・オフィスで受け取る。備考: F-02用紙を記入する。科目のスケジュールは指定された場所に掲示されている。

D. データ登録と正式名簿登録

正式名簿登録のために、レジスター・オフィスで受けとったF-02用紙のコピーを持って、エンコーダー(データ登録係)の所へ行き、一時的に受講する科目をデータ登録してもらう。もし閉講の科目がある場合はここで知らされる。

E. 授業料の支払いと見積もり

正式に授業登録するために会計窓口で授業料を払う。

F. 学生オフィス(OSA)での手続き

学生オフィス(OSA)で一時的な学生IDと学生手帳の発行手続きを行う。正式な学生IDは一ヵ月後に発行される。

もし志願者がフィリピンでの一時的な滞在者(Temporary Visitor)である場合:

一時的な滞在者(Temporary Visitor)のビザ(9a)から学生ビザ(9f)への切り替えに必要な書類:

  • 志願者から正当に公証された請願書
  • 正当に作成され、公証された一般申請用紙(BI Form No.MCL)
  • 明確に記された受け入れ通知(NOA: Notice of Acceptance)の原本
  • 検疫当局によって発行された診断書の原本とそれに相当する機関から合法的に提出された書類。学校の正当な乾いた印章と学校の登録係によってサインされた志願者の身分の切り替えのため正当に公証された手書きの是認用紙(Endorsement form)の原本3部の提出。国際的な健康監視機関または法的権限のある政府の医療機関による志願者の健康(志願者はいかなる危険な病気、伝染病、重病ではないこと、また精神的に正常であること)の証明。
  • 志願者のパスポートの名前、写真、誕生日のページ、入国と少なくとも20日の滞在が認められた日付の記されたページのコピー(最新のビザスタンプのあるページ)
  • NICA(National Intelligence Coordinating Agency)の手続き(Clearance)用紙。NICA用紙は10-15営業日以内に査定と承認のためにマニラのNICAオフィスへ送られる。
  • 出入国管理当局(BI: Bureau of Immigration)の手続き証明書(Clearance Certificate)の提出
  • 過去6ヵ月以内に撮影された2×2のカラー写真6枚

V. 登録科目の変更と放棄

登録科目の変更と放棄は各学期の授業のある最初の一週間に限られる。
変更・放棄の際の申請用紙はレジスター・オフィスで正当に作成、記入されたものでなければならない。この時期まで遅れた授業登録は受け入れられる。

Share it! Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr