本学科卒業生は適応性に優れた資質と人を理解する上での研ぎ澄まされた技術を持つ。支援を 必要とする人々に対して計画された効果的なアセスメント、心理療法的介入を行うことができ

る。

 

教育目標

本学科の教育目標は心理学テストの実施、並びに分析、人格形成理論の熟知、精神異常又は精 神病的症例の認知、職場での人事管理並びにトレーニングと啓発、以上の点において技術と能 力を備えた卒業生を輩出することである。

また、重点とする項目は以下の通りである。

  1. バランス感覚に優れた人格の学生を育てる
  2. 科学的思考法によるアプローチを体得させる
  3. 全ての人に対し社交的かつ愛他的に関われるよう教育する
  4. 調査研究能力を伸ばす

 

カリキュラムと必須科目

本学科は2種類の臨床演習を必須とする。A実習(職場臨床演習)、B実習(地域社会臨床演 習)はそれぞれ6単位150時間、合計12単位300時間である。どちらか一方を300時間取得する ことも可能である。

尚臨床演習は4年後期に受講することとなっており、その間にはその他教科の受講がないこと が望ましい。万一その他の教科受講が必要な場合も、演習が12単位となるため9単位を超えて はならない。その他、学科必須単位並びに教科を参照のこと。

 

DR. NIETO L. VITTO, Ed.D Dr. Nieto L. Vitto
Psychology Department Head

心理学科学科長 ニエト・L・ビット博士

学科長からのメッセージ:

私たちは皆さんがよりよき人となる手助けをしたいと願っています。是非心理学科で共にに学 びましょう。必ずや数年後には皆さんも社会に役立つ専門家になることができるでしょう。

 

To Download the Bachelor of Arts in Psychology Prospectus,
click the Download button below:

download-pdf-button

Other courses available

Share it! Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on Tumblr